鬼怒川ライン下り運航開始…早春の渓谷美楽しむ

  • 鬼怒川ライン下りを楽しむ観光客(16日、栃木県日光市で)
    鬼怒川ライン下りを楽しむ観光客(16日、栃木県日光市で)

 栃木県日光市で16日、渓谷美と急流のスリルが楽しめる「鬼怒川ライン下り」の運航が始まった。

 ベテラン船頭の巧みなかいさばきで、長さ12メートルの和船(定員30人)が、温泉街の乗船場から6キロ下流の船着き場まで約40分かけて下る。

 この日は、県外から訪れた観光客が、船頭の案内を聞きながら、高さ約100メートルの巨岩「楯岩」や「ゴリラ岩」などの奇岩を巡り、早春の渓谷美を楽しんだ。

 11月下旬まで、1日12便を運航する。昨年は約10万6000人が利用した。料金は中学生以上2800円、4歳~小学生1800円、1~3歳600円。問い合わせは鬼怒高原開発(0288・77・0531)。

2018年4月17日17:40 Copyright © The Yomiuri Shimbun