支店長殴り地下金庫室へ、1100万奪い逃走か

  • 強盗事件が起きた西武信用金庫西荻窪支店(16日午前、東京都杉並区で)=林陽一撮影
    強盗事件が起きた西武信用金庫西荻窪支店(16日午前、東京都杉並区で)=林陽一撮影

 16日午前8時頃、東京都杉並区西荻南の西武信用金庫西荻窪支店から、「強盗に入られた」との110番があった。

 警視庁荻窪署によると、出勤してきた男性支店長(50)が男に殴られた上、地下の金庫室に案内させられ、現金約1100万円を奪われたという。同署は強盗事件として捜査を始めた。

 発表によると、同信金は開店前で、最初に出勤した支店長が裏口から店内に入った直後、後ろから男にバールのようなもので襲われた。支店長はけがをしたとみられるが、命に別条はないという。

 男は30~40歳代で身長1メートル75~80、白いヘルメットをかぶり、ベージュ色の作業着姿で黄色い腕章をしていた。支店長の後に出勤した職員が、信金近くで犯人と似た男が走り去るのを目撃していたという。

(ここまで328文字 / 残り154文字)
2018年5月16日11:30 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。