女児遺体遺棄場所探し?「車で市内走っていた」

 新潟市立小針小2年大桃珠生たまきさん(7)が殺害され、遺体が自宅近くの線路に遺棄された事件で、死体遺棄・損壊容疑で逮捕された同市西区小針上山、会社員小林はるか容疑者(23)は、珠生さんを連れ去った後、遺体を遺棄するまでの行動について、「車で市内を走っていた」と供述していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 珠生さんは7日午後3時過ぎに学校を出た後、自宅に着くまでの下校途中に連れ去られ、短時間のうちに窒息死させられたとみられ、同日午後10時19~30分頃、同市西区のJR越後線の線路に遺体が遺棄され、電車にひかれた。

 捜査関係者によると、小林容疑者は、遺体を遺棄するまで市内の複数の場所に車で立ち寄ったと供述しているという。新潟県警は、小林容疑者が遺体を車に乗せ、遺棄する場所を探していた可能性もあるとみて、小林容疑者が立ち寄ったとする場所周辺の防犯カメラなどの映像の解析を進めている。

(ここまで405文字 / 残り324文字)
2018年5月17日00:26 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。