裁量労働、IT社員過労死「36時間ぶっ通し」

 東京都豊島区のIT企業で昨年8月、裁量労働制で勤務していた男性社員(当時28歳)が亡くなり、池袋労働基準監督署から今年4月、長時間労働による過労死と認定されたことがわかった。

 遺族の代理人弁護士が16日、記者会見で明らかにした。男性は昨年7月に裁量労働制が適用され、直後の4日間は徹夜を含め1日平均16時間勤務となっていたという。

 遺族代理人の川人博弁護士によると、男性は2013年に入社し、不動産会社向けのシステム開発業務に従事。昨年7月1日、「チームリーダー」に昇格したのに伴い、「専門業務型」の裁量労働制を適用された。

 男性は7月3日~6日で計64時間余り勤務。この間、徹夜を含めて36時間の連続勤務があり、自身のツイッターで「社会人になってから36時間ぶっ通しで働いたの初めて」などと投稿していた。同月下旬に母親に頭痛を訴え、8月18日、自宅アパートで死亡しているのが見つかった。

(ここまで395文字 / 残り188文字)
2018年5月16日22:50 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。