80度浴槽でかけ湯、女性が全身やけどで死亡

 大阪府警阿倍野署は16日、大阪市阿倍野区の障害者施設で知的障害のある入所者の女性が一人で入浴中、熱湯で全身やけどを負って死亡したと発表した。

 給湯温度が85度になっているのに、施設職員が確認していなかったという。同署は業務上過失致死容疑で捜査している。

 施設は、社会福祉法人「日本ヘレンケラー財団」(阿倍野区)が運営する「グループホーム ティンク」。

 発表では、12日午後4時30分頃、施設職員が叫び声を聞いて浴室に駆け付けたところ、一人で入浴中だった川畑智子さん(52)の肌が真っ赤になっていた。川畑さんは救急搬送されたが、やけどは体の約6割に及び、15日夜に死亡した。

 蛇口からの給湯温度は最高の85度に設定され、浴槽の湯は80度前後あったとみられる。同署は、川畑さんが浴槽につかる前にかけ湯をしたとみている。

(ここまで358文字 / 残り223文字)
2018年5月17日09:05 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。