カメラに映った別の男、拉致主導か…看護師遺体

 静岡県藤枝市の山中で看護師内山茉由子まゆこさん(29)(浜松市浜北区)の遺体が見つかった事件で、内山さんが連れ去られた現場近くの防犯カメラの映像などから、監禁容疑で逮捕された男2人と一緒に映っていた別の男が連れ去りを主導していたとみられることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は逮捕した男2人が実行役だったとみており、別の男の行方を追っている。

 捜査関係者によると、内山さんは5月26日午後6時頃、浜松市内のスポーツジムの駐車場で、自分の車に乗った際、逮捕された40歳代と20歳代の男2人に車ごと連れ去られたとみられる。

 その直前、ジムと同じ建物の1階にあるパチンコ店の防犯カメラには、この男2人が別の男と時折会話をしながら一緒に歩いている姿が映っていた。

(ここまで333文字 / 残り281文字)
2018年6月14日08:49 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。