民家から4億円入った金庫盗んだ疑い、男を逮捕

 広島県尾道市の民家から約4億円が入った金庫を盗んだとして、広島県警が名古屋市に住む30歳代の男を窃盗、住居侵入両容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、今年2月、尾道市内の男性から、自宅に侵入された形跡があるとの通報があった。県警が調べたところ、約4億円が入った金庫がなくなっていたといい、現場の遺留物などから、男の関与が浮上したという。県警は、他にも関与した人物がいるとみている。

2018年6月14日08:57 Copyright © The Yomiuri Shimbun