被告、事件当日「釣りの下見」…女児殺害認めず

 ベトナム国籍で千葉県松戸市の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9歳)が昨年3月に殺害された事件で、殺人罪などに問われた同じ小学校の元保護者会長、渋谷恭正やすまさ被告(47)の裁判員裁判の第8回公判が14日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれ、被告人質問が始まった。渋谷被告は、リンさんが殺害されたとされる昨年3月24日の自身の行動について、「釣りの下見に行っていた」などと語り、事件への関与を改めて否定した。

 捜査段階で黙秘を続けた渋谷被告は、初公判で無罪を訴えたが、本人の詳細な主張が明らかになるのは初めて。

 起訴状では、渋谷被告は同日、登校途中のリンさんをわいせつ目的で軽自動車に連れ込み、千葉県内またはその周辺で首を圧迫して窒息死させ、同県我孫子市の排水路脇に遺体を遺棄したなどとしている。

 弁護側の質問に対し、渋谷被告は、リンさんが行方不明になる直前の午前7時45分過ぎ、自分の子供たちを車で学校に送り、「体調が悪かったため、通学路の見守り活動はせずに帰った」と説明。その後2~3時間は、自宅近くの駐車場に止めたキャンピングカーの車内で、子供と約束した釣りの準備をしていたと語った。

 リンさんの遺体が発見された現場方面や、ランドセルが見つかった現場付近を軽自動車で走行したことは認めたが、釣りの下見のためだったと主張。検察側が軽自動車内でリンさんの血液が確認されたとしていることについては、「事件前にリンさんを乗せたことがある。血がついていた理由は分からない」と話した。

2018年6月14日14:34 Copyright © The Yomiuri Shimbun