体操男子「金」3選手も…日体大でリオ報告会

  • 学生らに拍手で迎えられる中、日体大のリオ五輪・パラリンピック報告会に出席する体操の白井健三選手(中央左端)や内村航平選手(中央)ら(28日午前9時44分、東京都世田谷区の同大学で)=上甲鉄撮影
    学生らに拍手で迎えられる中、日体大のリオ五輪・パラリンピック報告会に出席する体操の白井健三選手(中央左端)や内村航平選手(中央)ら(28日午前9時44分、東京都世田谷区の同大学で)=上甲鉄撮影

 日本体育大学の東京・世田谷キャンパスで28日、リオデジャネイロ五輪とパラリンピックに出場した学生やOB、指導者ら計40人による報告会が行われた。

 体操男子団体総合で金メダルを獲得した内村航平(27)、白井健三(20)、山室光史(27)の3選手も出席し、詰めかけた約4000人の学生らから祝福を受けた。

 金メダルを首に下げ、一際大きな歓声に出迎えられて入場した内村選手。「一番の目標だった団体で金が取れ、みんなにメダルを見てもらえてうれしい」と大会を振り返った。白井選手も「10代最後の試合で緊張したが、満足している」と話した。