2月12日

2月12日

12日のみどころ・結果

予定時刻
(日本時間)
種目・競技
10:00〜
figureフィギュアスケート 団体 男子フリー 
順位 選手名 記録
5 日本 148.36
10:00〜
snowboardスノーボード 女子スロープスタイル 決勝1回目
順位 選手名 記録
5 藤森 由香 63.73
7 広野 あさみ 49.80
9 岩渕 麗楽 48.33
17 鬼塚 雅 33.25
10:33〜
snowboardスノーボード 女子スロープスタイル 決勝2回目
順位 選手名 記録
6 藤森 由香 48.51
14 鬼塚 雅 39.55
22 岩渕 麗楽 31.06
23 広野 あさみ 27.26
11:10〜
figureフィギュアスケート 団体 女子フリー
順位 選手名 記録
5 日本 131.91
12:20〜
figureフィギュアスケート 団体 アイスダンス
順位 選手名 記録
5 日本 87.88
16:40〜
icehockeyアイスホッケー 女子 1次リーグB組第3試合 スイス×日本
順位 選手名 記録
日本
19:30〜
freestyleフリースタイルスキー 男子モーグル 予選2回目
順位 選手名 記録
6 遠藤 尚 75.38
8 西 伸幸 75.15
21:00〜
freestyleフリースタイルスキー 男子モーグル 決勝1回目
順位 選手名 記録
1 遠藤 尚 82.72
3 原 大智 81.29
7 堀島 行真 79.64
19 西 伸幸 46.04
21:30〜
speedskateスピードスケート 女子1500m  
順位 選手名 記録
2 高木 美帆 1:54.55
6 小平 奈緒 1:56.11
16 菊池 彩花 1:58.92
21:35〜
freestyleフリースタイルスキー 男子モーグル 決勝2回目
順位 選手名 記録
1 原 大智 82.30
遠藤 尚 途中棄権
堀島 行真 途中棄権
21:50〜
jumpスキージャンプ 女子ノーマルヒル1回目
順位 選手名 記録
3 高梨 沙羅 120.3
9 伊藤 有希 105.1
11 岩渕 香里 98.2
15 勢藤 優花 90.3
22:10〜
freestyleフリースタイルスキー 男子モーグル 決勝3回目
順位 選手名 記録
3 原 大智 82.19
23:03〜
jumpスキージャンプ 女子ノーマルヒル2回目
順位 選手名 記録
3 高梨 沙羅 123.5
10 伊藤 有希 98.8
13 岩渕 香里 90.1
24 勢藤 優花 81.7
すべての競技の日程・結果はこちら

2月12日タイムライン

13日00:06
【ジャンプ】女子ノーマルヒル銅メダルの高梨沙羅「目標としていた金メダルには届かなかったが、自分のなかで記憶に残る、貴重な経験ができた。ソチからの4年間、悔しい気持ちをバネにここまで来たが、まだ金をとるような器でないとわかった」
12日23:48
【ジャンプ】女子ノーマルヒル、高梨は銅メダル
12日23:44
【ジャンプ】女子ノーマルヒル2回目、高梨は103.5メートル。この段階でトップに立ちました
【解説】
注目のスピードスケート女子1500メートル。ヨミウリ・オンラインは女子1000メートルの元日本記録保持者、外ノ池亜希さんの実況解説を「タイムライン」でお届けしました
12日23:41
【解説・スピードスケート】高木美帆はスタート1回目でフライングをしました。彼女には滅多にないことだし、短距離種目でもないのに。少し気持ちの乱れがあったのかと思います。ただ、フライングして一呼吸おいたことで、逆に普段の自分に戻ることができたのではないかと思います
日本スケート連盟の黒岩彰さん(カルガリー五輪銅メダリスト)「これでチームジャパン全体が勢いづく。ミホ(高木美帆)の銀メダルは、彼女の生活を見てきただけに『あれだけやって銀なのか、金メダルを取らせてやりたかった』という悔しい思いも半分ある」
12日23:13
【スピードスケート】女子1500メートル銀メダルの高木美帆「誇りに思えることなので、自分に自信を持っていきたい。ブスト選手のほうが強かったということに尽きると思うけど、1000メートル、パシュートと、決して勝てないとは思っていない。チャレンジャーとして挑みたい。今以上のレースができるよう、しっかり準備したい」
12日23:09
【解説・スピードスケート】高木美帆は2日前の3000メートルに比べて滑りも力強くなっていました。期待されているところでメダルを取るのは、本当に大変なこと。精神的な強さが際立っていました
12日23:01
【解説・スピードスケート】6位小平のタイムは低地の自己ベストということで、良い滑りだったと思います。短い距離になればなるほど、日本選手の強さが際立ちます。次の1000メートルは高木美帆と並んで表彰台、という期待が高まります
12日23:00
【ジャンプ】女子ノーマルヒル2回目が、この後、始まります。16番目に勢藤優花、20番目に岩渕香里、22番目に伊藤有希、28番目に高梨沙羅が登場します
12日22:59
【解説・スピードスケート】高木美帆は、相手のベルフスマに前半、無理なく先行してもらい、良い形で追いかけることができた。後半の一番つらいところで目の前に目標がいることは、すごく励みになり、力が出るのです
12日22:55
【スピードスケート】高木美帆のゴール直後、観客席の両親は立ち上がって拍手し、大喜び。娘のウイニングランを、父親は右手を突き上げて祝福、母親は手にした日の丸を広げて感激していました。母親は掲示板を何度も見て、娘の記録を確認していました
12日22:52
【スピードスケート】女子1500メートル銀メダルの高木美帆、タイムは1:54.55。金メダルはオランダのブスト。小平奈緒は6位でした
12日22:47
【スピードスケート】女子1500メートルで、高木美帆が銀メダルを獲得しました。ゴール直後、瞳に光るものがあります
12日22:46
【ジャンプ】女子ノーマルヒル1回目、高梨沙羅は103.5メートルで2回目に進出です
12日22:37
【スピードスケート】女子1500メートルは、11組目で滑ったオランダのブスト選手がトップに躍り出ました。小平選手は現在4番手です
【モーグル】男子で銅メダル・原大智「初めての表彰台で、心がいっぱいです。メダルの色関係なくうれしかった。すごく楽しかった。ここまで楽しめたのは初めてじゃないか」
12日22:21
【モーグル】男子決勝3回目、原大智が銅メダル。日本の今大会メダリスト第1号が誕生しました
12日22:05
【スピードスケート】小平はレース後、インタビューに答え、「初戦だったが、まずまずのレースができました。あんまり氷とけんかしないように意識しました。1000メートルにつながる滑りができました」と話しました
12日22:05
【モーグル】男子決勝3回目が、この後、始まります。最終の6番でスタートする原大智に今大会日本初のメダルの期待がかかります
12日22:00
【スピードスケート】女子1500メートルは7組目を終えた時点で、小平選手のタイムは2番手です。米国のボウ選手がトップに立っています
12日22:00
【モーグル】男子決勝2回目、原が1位で通過。堀島、遠藤は転倒し、ゴールできませんでした
12日21:55
【解説・スピードスケート】私は長野五輪で1500メートルに出場しました。この種目は700メートル過ぎから身体に乳酸がたまりはじめて足にきて、息はハアハア、心肺機能もフル回転。最後の1周の落ち幅がタイムに大きく響きます
12日21:45
【ジャンプ】女子ノーマルヒル1回目が、この後、始まります。高梨沙羅、岩渕香里、勢藤優花、伊藤有希が出場します
12日21:44
【解説・スピードスケート】小平奈緒は前半で速かった分の貯金で56秒台が出ましたが、後半の落ち幅も大きかったですね。ただ、全力のレースをしたことで、次の1000メートルにつながる経験ができたと思います
12日21:36
【スピードスケート】小平奈緒選手が滑り終えました。タイムは1:56.11
12日21:33
【モーグル】男子決勝1回目が終了。遠藤と原、堀島が決勝2回目に進出します
12日21:33
【解説・スピードスケート】1500メートルには長距離選手と短距離選手が入り混じっていますが、スピードのある長距離選手が有利な種目です。特にこの会場は、スタート直後のスピードを維持できるような高速リンクではないので、その傾向は強いでしょう 
12日21:31
【スピードスケート】女子1500メートルの観客席には、必勝鉢巻きをした高木美帆の応援団の姿が。「GO! MIHO 美帆」の横断幕を掲げています。高木選手は最終14組目、小平奈緒選手は2組目に登場します。菊池彩花選手は13組目です
12日21:20
【解説・スピードスケート】去年の距離別選手権のタイムを見据えて、きょうの優勝争いは1分54秒を切ってくると思われます
12日21:13
【スピードスケート】1年前にこのリンクで行われた世界距離別選手権の1500メートルで、高木選手は1分55秒12の3位。優勝選手のタイムは1分54秒08でした
12日21:01
【モーグル】男子決勝1回目、2番手の西がスタートしましたが、途中でコースアウト。この後、4番目に遠藤、15番目に原、16番目に堀島が登場します
12日21:00
【解説・スピードスケート】高木美帆は五輪直前で4戦4勝ですから、この1500はかなり自信があるでしょう。ただ、オランダなど海外の強豪選手は、4年に一度の五輪に計画的に合わせてくるのが上手です。高木美帆の8年越しの五輪への思いと海外選手との戦いが楽しみです
12日20:58
【スピードスケート】高木美帆はメダル候補。今季はW杯で4戦4勝と好調です
12日20:55
【モーグル】男子決勝1回目が、この後、始まります。堀島行真、原大智、遠藤尚、西伸幸が出場します。
12日20:00
【モーグル】男子の予選2回目を遠藤、西が通過しました
12日19:54
【モーグル】男子の予選2回目、遠藤尚がゴール、75.38点でした
12日19:48
【バイアスロン】女子10キロ追い抜き 古谷沙理は54位、立崎芙由子が56位でした
12日19:42
【モーグル】男子の予選2回目、日本代表の西伸幸がゴール。75.15点でした
12日19:21
【フィギュア】羽生の音楽がかかり始めました。数回、軽くジャンプ。ジャンプのたびにカメラのシャッターが盛んに切られています。ごく短時間滑った後、リンクを後にしました
12日19:06
【フィギュア】羽生結弦が江陵アイスアリーナのリンクに入りました。名前がアナウンスされると、自分に言い聞かせるように、「はにゅうゆづる」とささやいていました。自信を感じさせる笑顔。氷の感触を確かめるような滑りで、ジャンプはなかなか跳びません。ただ、右足をかばう動きは感じられません
12日18:48
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイスは、1対3で試合終了。オリンピック初勝利はなりませんでした
12日18:27
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイス、日本が初得点。1対3に
12日18:21
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイス、スイスが加点し、0対3
12日18:14
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイス、0対2で最終の第3ピリオドが始まりました
12日17:58
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイス、第2ピリオドが終了。無得点の日本が2点を追う展開です
12日17:47
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイスの試合、スイスが得点を追加、0対2に
12日17:39
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイスの試合、日本が1人少ない状態でスイスが先制。0対1
12日17:24
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイスの試合、日本チームが1人少ない状態で第2ピリオドが始まりました
12日17:09
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイスの試合、両チーム無得点のまま第1ピリオドが終了しました
12日16:41
【アイスホッケー】女子1次リーグ 日本対スイスの試合が始まりました。オリンピック初勝利となるか、注目です
12日16:25
【アイスホッケー】女子1次リーグ、日本対スイスの試合は16時40分開始予定です
12日15:30
【スノーボード】女子ハーフパイプ予選、 松本が3位、冨田が7位で決勝に進出しました
12日13:35
【スノーボード】女子スロープスタイル決勝は藤森が9位、広野が12位、岩渕が14位、鬼塚が19位。ジェイミー・アンダーソン(米)が金メダルを獲得しました
【解説】
フィギュア団体最終日、ヨミウリオンラインは明治神宮外苑スケート場のインストラクター・加賀山由果さんの実況解説を「タイムライン」でお届けしました
12日12:50
【解説・フィギュア】団体戦アイスダンス(フリーダンス)の村元・リード組は、転倒もあったが、よくカバーして力を尽くした。団体戦は羽生結弦を欠く布陣だった日本チームだが、個人戦に向けフリー演技でも五輪経験を積めた意義は大きいと思う
12日12:30
【解説・フィギュア】個人戦の前に団体戦、という順番は他競技には比較的少ないかも。だが、フィギュアの団体戦は、個人戦後にやると「祭典」の色が濃くなりすぎるだろうから、これで正解では。心と体をほぐし、個人戦でいい演技をする選手が増えれば、団体戦実施の意義は十分ある
12日12:20
【フィギュア】団体戦は女子フリーまでの競技を終え、間もなく開始のアイスダンス(フリーダンス)を残すのみ。カナダの金メダル、OARの銀メダルが決まり、日本は5位です
12日12:10
【解説・フィギュア】団体女子フリー最終滑走は、OARのザギトワ。15歳で表情の演技までしっかりしている。バレリーナのような表現力だ。11日のメドベージェワ(OAR)に比べると、「若さ」も感じるが、ジャンプもほぼ完璧。158.08の得点はうなずける
12日11:55
【解説・フィギュア】団体女子フリー4人目は、カロリナ・コストナー(イタリア)。浅田真央さん、安藤美姫さんの世代に「お姉さん」としてわたり合ったベテランは健在だ。伸びやかなスケーティングが相変わらず素晴らしい。その前のデールマン(カナダ)は元気な演技が印象的だった
12日11:45
【解説・フィギュア】坂本花織の131.91という得点は、妥当だと感じる。緊張の中での五輪デビューとしては、まずまずではないか。フランス人の振付師を紹介するなど、彼女と縁がある私もホッとした。何よりも指導する中野コーチがホッとしたのでは
12日11:40
【解説・フィギュア】団体女子フリーで、坂本花織が五輪デビューした。緊張からか、パントマイムの振り付けが、いつもほどこなせていない。ジャンプも彼女本来の出来ではなく、冒頭が単独になったし、回転不足もあった。ただ、終盤に連続ジャンプを入れて、盛り返したのは立派だ
12日11:30
【解説・フィギュア】団体女子フリー1人目は長洲未来(米)。トリプルアクセルを含む序盤二つのジャンプをうまくこなした。気持ちが強く、本番で力を発揮できる彼女らしさが表れた。そこから気を抜く傾向があったが、きょうは息切れしなかった。会心の演技では
12日11:20
【スノーボード】女子スロープスタイル決勝1回目が始まりました。広野は5番目、藤森は13番目、岩渕は16番目、鬼塚は18番目に登場します
12日11:15
【フィギュア】団体女子フリーは間もなく開始です。日本の坂本花織らがリンクで練習しています
12日11:00
【フィギュア】田中刑事「(団体戦の)経験をした分、次の個人戦につなげていきたい。僕は失敗してしまったが、この後(のチームメート)は勢いに乗ってほしい」
12日10:55
【解説・フィギュア】男子最終滑走の田中刑事は、技術が高く、選ばれるべくして五輪代表になった。ただ、きょうはいつもより焦っていた。本来なら4回転を三つとも失敗するような選手ではない。これが五輪ということだが、もっと心のたくましさがつけば、彼はさらに良くなる
12日10:50
【スノーボード】女子スロープスタイル決勝 は競技開始が遅れています。競技開始は11時以降になります
12日10:45
【解説・フィギュア】4人目は注目のパトリック・チャン(カナダ)。最初の二つの4回転がうまくいった時点で、ホッとした。ミスが続いたSPから、よく立て直した。そこからのなめらかな滑りは、独壇場。足だけ見ていたくなる。ミスもあったが、それが全く気にならない演技だった
12日 10:43
【解説・フィギュア】男子3人目のリッポン(米)はベテランだが、昨年頃から吹っ切れたように自分を解放した感じの滑りをするようになった。身体能力の高さもあるスケーターだが、優美な表現力と女性美にも通じる魅力の持ち主。それを十分に表現した演技を五輪で見られた。
12日10:40
【解説・フィギュア】男子フリー2人目のリッツォ(イタリア)は、とても見やすい癒やし系の演技だった。無理に難度の高い技を盛り込まず、余裕を持った姿勢と演技構成。団体戦という種目の性質とも、ビートルズ・メドレーの世界ともよく似合う。親しみやすいイタリア人の気質も感じる
12日10:20
【解説・フィギュア】男子フリーで最初に出たコリャダ(OAR)は、最初二つのジャンプを失敗。若い彼の緊張感が伝わってくる。曲調が変わっても動きの質があまり変わらないことにも若さを感じる。雰囲気に慣れた後半のジャンプやスピンはきれいだった
12日10:15
【解説・フィギュア】日本の個人戦に出る男子の田中刑事は今季、急激に上手になった。精神面の成長が滑りに表れている。女子の坂本花織はジャンプの質が高く、スポーツ選手としてのフィギュアを見せてくれる。2人がどんな五輪デビューを飾るか、楽しみだ
12日10:13
【解説・フィギュア】きょうの各チームの布陣では、カナダのパトリック・チャン に注目したい。SPとの連続出場。引退表明している彼が最後の五輪にかける意識が伝わってくる。勝負以前に、オリンピックの滑りを楽しもうという感覚ではないか
12日10:00
【解説・フィギュア】ここまでの団体戦、イスラエルが印象に残った。個人戦に出場しない女子選手を起用。五輪の大舞台を経験した若手は、4年後にその国のフィギュアを担う選手になる。他チームが「エース級の試運転」に利用している団体戦を育成に役立る。検討していい戦略では
12日9:30
【フィギュア】団体男子フリー リンクの整氷も終わり、選手の登場を待つばかり。観覧席にもうけられたライブコーナーでは、ゆったりとした音楽が奏でられています
12日9:15
【フィギュア】団体男子フリーは、10時開始予定です。日本の田中刑事は5番目に出場します
12日9:10
【スノーボード】女子スロープスタイル決勝は10時開始予定。広野、藤森、岩渕、鬼塚が出場します

おすすめ

最新ニュース