平昌リポート

日本をアピール…平昌、江陵にジャパンハウス開設

 平昌オリンピックの主要施設がある平昌と江陵(カンヌン)に、日本や東京オリンピックをアピールする「ジャパンハウス」が開設された。(村井利之、笠井智大)

江陵で東京の魅力発信

 平昌オリンピックの氷上競技が行われる韓国・江陵のオリンピックパークには、東京オリンピックの広報施設「東京2020ジャパンハウス」が開設され、8日午前、報道陣向けに公開された。

 この施設は、最先端技術を使った体験型コンテンツやPR展示コーナーなど七つのコンテンツを来場者に触れてもらうことで、東京2020大会や開催都市東京の魅力を発信する拠点となることを目指している。

 施設内には、全身を撮影・スキャンされた来場者の等身大のアバター(分身)が、東京の浅草や渋谷などの観光地のCG映像の中で歩いたり踊ったりする様子を楽しめる「THE TOKYO TRAVELLERS コーナー」や、東京2020大会の追加5競技(野球・ソフトボール、空手、サーフィンなど)のフォトフレーム内に来場者が入り込んだ写真を撮影できる「追加競技イメージフォトコーナー」、ジャパンハウスのオリジナル折り紙で折り鶴の作成体験ができる「日本文化体験コーナー」などがある。

 公開にあたって東京2020組織委員会の布村幸彦・副事務総長が挨拶。「東京都と組織委員会が共同でジャパンハウスを開いて、2020年大会に向けて東京やジャパンの魅力を発信していく拠点としたい」と、意気込みを述べた。

 施設の公開期間は、オリンピック期間中は2月9日~25日までの17日間、パラリンピック期間中は3月9日~18日までの10日間。

平昌では本格的な日本食も提供

 一方、オリンピックスタジアムがあり雪上競技が中心となる平昌地域では8日午後、日本オリンピック委員会(JOC)の開設したジャパンハウスが報道陣向けに公開された。来場した報道陣は、着物姿の女性たちに出迎えられて会場に入った。

 中でも目玉は、日本食の試食コーナー。来場する各国の人たちを和食でもてなそうと、本物の味を味わってもらうことを意識し日本から職人を連れてきているという。

 寿司やおでん、天ぷらは毎日用意するほか、焼き物などは日替わりメニューとして提供する。また飲食物の安全性についても配慮している。ナショナルトレーニングセンターで飲食提供を請け負っている会社が、センターと同レベルの衛生管理基準を導入した日本食を出しているという。

 ジャパンハウス担当の平岡英介本部長は、「JOCではオリンピックごとにジャパンハウスを設置している」と紹介。国際オリンピック委員会(IOC)など国内外の関係者を歓待したり、メダルを獲得した日本選手の会見を行ったりするなど五つの機能を説明した。また今回は、2026年の冬季オリンピック誘致を目指す札幌の紹介ブースも設けられている。

 JOCのジャパンハウスは、2月9日から25日までの17日間、公開される予定。

2018年2月9日18:00 Copyright © The Yomiuri Shimbun

おすすめ

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手