フィギュアスケート

羽生結弦が記者会見「絶対に勝てる」

  • 五輪会場の江陵アイスアリーナで公式練習する羽生結弦(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影
    五輪会場の江陵アイスアリーナで公式練習する羽生結弦(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影

 平昌オリンピックのフィギュアスケートに出場する羽生結弦が13日、記者会見に臨んだ。主なコメントは以下の通り。

 「リンクに乗れるまで長くかかったので、陸上でジャンプのフォームなどを固めようとやっていた。氷に乗った時にそのイメージを移すようにした。トリプルアクセルを飛び始めたのは3週間前。4回転が2週間前ほど」

 「ソチで優勝して、沢山の方が興味を持ってくれるようになった。(くまのプーさんは)ジュニアのころからティッシュケースにつけていて、ファンが投げ込んでくれるようになって部屋の中が全部プーさんになった」

 「スケートができなかったのが2か月。スケートをしていたら、学ぶ機会がなかったかもしれないことがたくさんあった。できなかったからこそ、陸上でできたこともあり、考えることもあった。2か月は無駄ではなかった。たくさんのことを学べた」

 「クリーンに滑れば絶対に勝てる。何も不安要素はない」

2018年2月13日10:55 Copyright © The Yomiuri Shimbun

おすすめ

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手