フィギュアスケート

羽生結弦一問一答「僕は元オリンピック王者」

 平昌オリンピックは16日、フィギュアスケート男子のショートプログラム(SP)で、連覇を目指す羽生結弦(ANA)は冒頭の4回転サルコーなどジャンプを完璧に決め、111・68点で首位に立った。演技後の羽生結弦のインタビューでの主なやり取りは以下の通り。

  • 演技する羽生結弦
    演技する羽生結弦

――演技を振り返って

 「不満な点もなく疑問に思うエレメンツ(要素)もなく、非常にうれしく思っている。滑走順や自分のサポートメンバー、ファンに恵まれていると思いながら滑っていた」

 「僕は五輪を知っているし、大きいことを言うなと言われるが、僕は元オリンピックチャンピオン。リベンジしたいって言うのはおかしいが、自分にとってはフリーのミスが、4年間頑張って強くなった原因。リベンジしたい」

――サルコーを飛んだ

 「ここに来る前からサルコーでやっていた。調整が間に合わなかった部分もあるが、点数に満足しているので、サルコーにしてよかった」

――明日に向けて

「とにかく、やることはやってきた。2か月滑れなかった間も努力してきた。それを結果に出したい」

--4回転サルコーを決めた

「きょうの朝、サルコーを失敗して、若干の不安があった。しっかり練習できない間、いろんなもので勉強したので、そういったものが出せて良かった」

--緊張感をもった試合だった

「久しぶりにこうやって皆さんの声援を聞くことができて、やっぱり帰ってきたんだなというふうに思っていた。やはり、スケートを滑る幸せな感じを、久しぶりに試合で味わえたので、帰ってきたなーって思いました」

--プログラム全体のイメージについて

「今回はただ、この構成をベストな状態でこなす。そして、この曲を感じながら、曲の自分の解釈だとか、皆さんの解釈というものに、ちょっとでも触れられるようなものを、と思っていました」

--体の違和感は?

「特に(ありません)。練習通りです。本当に、自分の体が動いていると思っていたし、とにかく、サルコーもトウループもアクセルも、本当に何年間もずっとつきあってくれたジャンプなので、そういった意味では感謝をしながら跳んでいました」

--滑る前はリラックスしようと努めた?

「リラックスしようと思ったわけではなかったんですけど、やっぱり、会場に来て、こうやってけがなく滑れることが楽しくて。とにかく、満足という気持ちが一番です。あとは、あした(のフリー)がまだあるという気持ちが頭の6割近くを占めているので、早く試合が終わったので、あしたに向けて調整したいなと思っています」

--4回転サルコーの練習をどうしていた?

「とにかく、ずっとこっちに来てから本数制限をしていたので、体が動いていない部分とか、脳みそが動いていない部分とか、いろいろあったと思います。その部分を刺激してあげるような感じでやっていました」

--あすのフリーについて

「特に何も描いていないです。ただ、あしたはあした、やるべきことをやるべきだと思いますし、まだ(今は)あしたではないので、きょうやるべきことをやります」

2018年2月16日15:15 Copyright © The Yomiuri Shimbun

おすすめ

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手