競技場紹介

平昌(pyeong chang)

 韓国北東部にある平昌は、首都ソウルから東に約125キロ。人気を博した韓国ドラマ「冬のソナタ」の撮影が行われた江原道(カンウォンド)に属する。日本の行政区分で言えば「郡」に相当する一地域で、緯度は日本の新潟県とほぼ同じ。1999年に冬季アジア大会の開催地となった。

 ジャガイモやソバの産地で、周囲には手つかずの自然が残り、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして韓国国内から多くの観光客が訪れる。ソウルからは高速バスで約3時間、17年末には仁川(インチョン)国際空港と会場地を2時間以内で結ぶ高速鉄道(KTX)も開通する予定だ。

dot

 「アジアの冬季スポーツの興隆」を旗印に五輪開催をアピールしてきた平昌は過去2度の五輪招致レースに敗れ、3度目の挑戦で韓国初の冬季五輪招致に成功した。過去最多の15競技、102種目が行われる今回の五輪では、スキー、そり系などが平昌を中心とする山岳地区で実施され、フィギュアスケート、カーリング、アイスホッケーなど氷上競技は、同地区から約20キロ離れた日本海に面した都市、江陵(カンヌン)で行われる。開、閉会式は平昌地区に建設されるオリンピックスタジアム(3万5000人収容)で行われる。

wht

地図・アクセス

平昌オリンピック 地図アクセス

会場メーンマップ

平昌オリンピック 会場メーンマップ

平昌(ピョンチャン)

旌善(チョンソン)

平昌オリンピックスタジアム
  • 平昌オリンピックスタジアム
  • 開会式・閉会式3万5000人
  • アルペンシア・スキージャンプセンター
  • スキージャンプ、ノルディック複合、スノーボード1万3500人
  • 平昌オリンピックスタジアム
  • アルペンシア・バイアスロンセンター
  • バイアスロン7500人
  • アルペンシア・クロスカントリーセンター
  • クロスカントリースキー、ノルディック複合7500人
  • アルペンシア・クロスカントリーセンター
  • オリンピックスライディングセンター
  • リュージュ、ボブスレー、スケルトン7000人
  • 平昌オリンピックスタジアム
  • 普光(ポグァン)スノーパーク
  • スノーボード、フリースタイルスキー1万8000人
  • 普光(ポグァン)スノーパーク
  • 龍平(ヨンピョン)アルペン競技場
  • アルペンスキー6000人
  • 旌善アルペン競技場
  • アルペンスキー6500人
  • 旌善アルペン競技場

江陵(カンヌン)

江陵オリンピックパーク
  • 江陵ホッケーセンター
  • アイスホッケー1万人
  • 江陵ホッケーセンター
  • 江陵スピードスケート競技場
  • スピードスケート 8000人
  • 江陵スピードスケート競技場
  • 江陵アイスアリーナ
  • フィギュアスケート、ショートトラック1万2000人
  • 江陵アイスアリーナ
  • 江陵カーリングセンター
  • カーリング3500人
  • 江陵カーリングセンター
  • 関東(カンドン)ホッケーセンター
  • アイスホッケー6000人
  • 関東(カンドン)ホッケーセンター
  • ※競技・種目のあとの人員は、施設の収容人数

おすすめ

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手