高梨沙羅、惜しい3位…ジャンプW杯第4戦

  • 第4戦、高梨沙羅の1回目のジャンプ=上甲鉄撮影
    第4戦、高梨沙羅の1回目のジャンプ=上甲鉄撮影

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は17日、ドイツのヒンターツァルテンで個人第4戦(HS108メートル、K点95メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)が98メートル、100メートルを飛び、248・8点で、今季2度目の表彰台となる3位に入った。

 伊藤有希(土屋ホーム)は5位で、岩渕香里(北野建設)は9位、勢藤優花ゆうか(北海道ハイテクAC)は20位。マーレン・ルンビ(ノルウェー)が269・1点で今季2勝目、通算6勝目を挙げた。

2017年12月18日17:00 Copyright © The Yomiuri Shimbun