スキー

競技紹介

アルペンスキー

 男女ともに回転、大回転、スーパー大回転、滑降、アルペン複合の5種目を実施。新種目として混合団体が加わった。アルペン複合は従来のスーパー複合から種目名が変更された。[さらに]

クロスカントリー

 平地や起伏のあるコースを滑走し、タイムを競う。走法はフリーとクラシカルがあり、それぞれ使用する道具も異なる。フリーはスケーティングなどあらゆる走り方が認められているが、クラシカルは登坂時など以外はスキーを平行に交互に前後させて進まなければならない。[さらに]

ノルディック複合

 ジャンプと距離(クロスカントリー)を組み合わせた競技。ジャンプの瞬発力と距離の持久力の両方が要求されることから、勝者は「キング・オブ・スキー」とたたえられる。競技はグンダーセン方式で行われ、前半ジャンプの得点差をタイム差に換算し、トップの選手以降はタイム差に応じて後半距離をスタートする。[さらに]

フリースタイルスキー

 アルペンスキーがスピードを競うのに対し、フリースタイルスキーは基本的にターン、エアなどの技術を競う。スキー用具の進化とともに、競技として発展した。五輪では1992年アルベールビル大会から正式種目に加わった。男女ともモーグル、エアリアル、ハーフパイプ、スキークロス、スロープスタイルの各種目が行われる。[さらに]

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日
大会日程(日付は日本時間)
個人ノーマルヒル
個人ラージヒル
団体
8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手