平野、2大会連続の銀メダル…スノボ男子HP

  • スノーボード男子ハーフパイプ決勝2回目でエアを決める平野歩夢(14日)=若杉和希撮影
    スノーボード男子ハーフパイプ決勝2回目でエアを決める平野歩夢(14日)=若杉和希撮影

 平昌五輪第6日は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢あゆむ(木下グループ)が95・25点で銀メダルに輝いた。

 平野は前回ソチ五輪に続く2大会連続のメダル獲得となった。

 片山来夢らいぶ(バートン)は87・00点で7位。戸塚優斗(チームヨネックス)は2回目で転倒して搬送され、3回目を行えなかった。ショーン・ホワイト(米)が97・75点を出し、2大会ぶり3度目の優勝を飾った。

  • スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢の決勝2回目(14日、韓国・平昌で)=上甲鉄撮影
    スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢の決勝2回目(14日、韓国・平昌で)=上甲鉄撮影
  • スノーボード男子ハーフパイプ決勝、片山来夢の1回目(14日)=若杉和希撮影
    スノーボード男子ハーフパイプ決勝、片山来夢の1回目(14日)=若杉和希撮影
2018年2月14日12:02 Copyright © The Yomiuri Shimbun

おすすめ

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日

注目選手

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手