村主さんが評価「格好は今風でもアスリート?」

 平昌五輪スノーボード男子ハーフパイプで、銀メダルに輝いた平野歩夢(木下グループ)について、元フィギュアスケート選手の村主章枝さんがツイッターで、「19歳とは思えないくらい、インタビューも落ち着いてる。格好は今風だけど、根っこの部分はアスリート? パフォーマー? なんだと思う」と評価した。

 スピードスケート女子1000メートルで、小平奈緒(相沢病院)が銀、高木美帆(日体大助手)が銅を獲得すると、村主さんは「ここに来てメダル獲得が続いて、いい流れになってきましたね」と喜びのコメントを寄せた。

 村主さんは、ソルトレークシティー五輪で5位、トリノ五輪で4位に入賞。2003年のグランプリ(GP)ファイナルで優勝するなど、トップスケーターとして活躍していた。

2018年2月14日21:22 Copyright © The Yomiuri Shimbun

おすすめ

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日

注目選手

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手