カーリング女子、LS北見が初の五輪代表に

  • 平昌五輪出場を決め、喜びを分かち合うLS北見の(左から)鈴木夕湖、吉田夕梨花、藤沢五月、吉田知那美(10日)=守谷遼平撮影
    平昌五輪出場を決め、喜びを分かち合うLS北見の(左から)鈴木夕湖、吉田夕梨花、藤沢五月、吉田知那美(10日)=守谷遼平撮影

 カーリング・平昌ピョンチャン五輪女子日本代表決定戦最終日(10日・北海道アドヴィックス常呂カーリングホール)――3戦先勝方式の第4戦が行われ、昨年日本一のLS北見が、今年の日本選手権を制した中部電力を9―5で破り、通算3勝1敗で初の五輪出場を決めた。

 LS北見は第1エンドに3点を先取。第4エンドにはスキップの藤沢五月が好ショットを決めて2点を奪い、第7エンドにも2点を追加して突き放した。