主将にFW大沢ちほ…アイスホッケー女子代表

  • 記念撮影に応じる、アイスホッケー女子日本代表選手と山中武司監督(後列左端)=松本拓也撮影
    記念撮影に応じる、アイスホッケー女子日本代表選手と山中武司監督(後列左端)=松本拓也撮影

 日本アイスホッケー連盟は6日、都内で記者会見を開き、来年2月の平昌五輪に出場する女子日本代表(スマイルジャパン)23選手を発表した。

 前回ソチ五輪に続いて主将を務めるFW大沢ちほ(25)(道路建設)や、2月の五輪最終予選で活躍したFW久保英恵(34)(西武)らが選ばれた。

 山中武司監督が「ベストチームだと自信を持っている」と胸を張ったメンバーのうちソチ五輪代表が15人。大沢主将が「悔しさを忘れず、切磋琢磨せっさたくましてきた」と語るように、5戦全敗に終わった前回大会の雪辱を誓い、この4年間に海外チームで経験を積むなどした選手がチームの核となる。

  • アイホ女子日本代表、メンバー決定
    アイホ女子日本代表、メンバー決定
(ここまで278文字 / 残り517文字)
2017年12月6日21:24 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。