平昌参加、プーチン氏「選手自身が自分で」

 【モスクワ=畑武尊】ロイター通信などによると、ロシアのプーチン大統領は6日、平昌五輪にロシア選手団としての出場を認めないとのIOCの決定をめぐり、「多くの訴えは根拠がない。IOCは不正に関わった選手を罰すべきで、ロシア人選手がなぜ国旗を掲げて競技に参加できないのか疑問だ」と述べた。

 その上で、「選手自身が自分で参加を決めなければならない」とし、個人資格での五輪出場を認める意向を示した。