マラソン福士「東京五輪、目指します」現役続行

 リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表の福士加代子(35)(ワコール)が19日、2020年東京五輪に向けて、現役を続ける意思を明かした。

 大阪市のヤンマースタジアム長居で行われた関西実業団選手権女子1万メートルに出場し、33分9秒26の2位でゴールした後、「東京五輪、(マラソンで)目指します」と語った。リオ五輪で14位に終わった後、去就を明らかにしていなかった。