東京五輪・パラ、ボランティア希望者は1千万人

 2020年の東京五輪・パラリンピックまで、あと約3年となったが、両大会でスポーツボランティアをしてみたいという人は、推計で五輪が1084万人、パラリンピックが967万人となっていることが分かった。

 笹川スポーツ財団が昨年に行った調査によるもの。性別ではいずれも女性が男性よりも多く、世代別では18、19歳が最多。次いで20歳代が多かった。

 今回は全国の18歳以上の男女3000人を対象にした調査。それによると、東京五輪でのボランティア実施希望率は、男性9・7%、女性10・8%(全体で10・2%)となっている。パラリンピックでは男性が8・7%、女性9・5%(全体では9・1%)だった。

(ここまで293文字 / 残り217文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ