カヌー五輪ライバルの飲料に薬物…レース前混入

 日本カヌー連盟は9日、昨年9月に石川県小松市で開催されたカヌー・スプリントの日本選手権で、鈴木康大やすひろ選手(32)が小松正治選手(25)の飲料に禁止薬物を混ぜ、小松選手がレース後のドーピング検査で陽性反応を示していたことを明らかにした。

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)によると、他者からの薬物混入でドーピング違反が発生したのは国内で初めて。

 JADAは鈴木選手に資格停止8年の処分を科したが、同連盟の常務理事会は「フェアプレーと正反対の行為で極めて悪質」とし、他のライバル選手の練習・競技用具を盗むなどの妨害行為も繰り返していたと指摘して、鈴木選手の除名案を連盟の総会などに提案することを決めた。暫定的に資格停止としていたJADAの小松選手に対する処分は、解除された。

 今年度日本代表の両選手は昨年の世界選手権に出場し、2020年東京五輪の代表入りを争うライバル。JADAの調査では、鈴木選手は、小松選手がドーピング検査で陽性となった場合、自身の東京五輪代表選出の可能性が高まると考え小松選手を陥れたという。

 同連盟関係者によると、鈴木選手は筋肉増強効果のあるステロイドの錠剤をインターネットで購入し、粉末にした上で、レース前、小松選手の飲料ボトルに混入した。全選手のボトルは1か所に集められており、誰でも触れることができた。

(ここまで572文字 / 残り107文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ