五輪入場券、最高は開会式30万円…最低2千円

 2020年東京五輪・パラリンピックの入場券について、大会組織委員会が五輪開会式の30万円を最高額とする価格案を決めたことがわかった。

 組織委幹部が12日、明らかにした。

 組織委は11日の理事会で開閉会式や競技ごとに定めたチケットの価格案を決議しており、7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認を得る方針だ。

 組織委は多くの若者に観戦してもらうため、最低価格2000円など手頃な値段の入場券を多くする一方、収入増加に向けて高価なものも用意してメリハリのある価格に設定した。

 五輪入場券の発売は来春に始まる見通しだが、パラリンピックのチケット発売開始時期は未定となっている。