巨人がパラスポーツPR、ファンと競技を体験【動画あり】

  • パラスポーツ体験イベントで、障害者フライングディスク競技に挑戦する長野久義選手(右)(いずれも4日、東京ドームで)
    パラスポーツ体験イベントで、障害者フライングディスク競技に挑戦する長野久義選手(右)(いずれも4日、東京ドームで)

 2020年東京パラリンピックに向け、プロ野球の読売巨人軍が4日、パラスポーツをPRするイベントを行い、オープン戦終了後の東京ドームで、抽選で選ばれたファンと選手が一緒に競技を体験した。

 球を投げたり転がしたりして目標球に近づける「ボッチャ」を楽しんだ陽岱鋼選手は「野球のボールより重くて軟らかかった。良いスポーツだと思う」と笑顔。9歳のめいと参加した相模原市の女性会社員(36)は、つえを支えにプレーする「アンプティサッカー」などを体験し、「思ったより激しい運動でびっくり。障害者スポーツを知る良い経験になった」と話した。

 コンコースでは、競技用車いすの展示や広告制作会社「ワントゥーテン」(京都市)が提供する仮想現実(VR)技術を用いてパラ競技を体感する「CYBER WHEEL(サイバー ウィル)」やプロジェクションマッピングでボッチャを盛り上げる「CYBER BOCCIA(サイバー ボッチャ)」の体験会が行われた。

 同イベントは、巨人軍の社会貢献プロジェクト「G hands(Gハンズ)」の一環として行われた。

  • 競技ごとの車いすの違いを展示
    競技ごとの車いすの違いを展示
  • 参加者同士で対戦(サイバー ボッチャ)
    参加者同士で対戦(サイバー ボッチャ)
  • ゴール目指して車輪を回す(サイバー ウィル)
    ゴール目指して車輪を回す(サイバー ウィル)


【動画】


動画を視聴するにはiframeタグに対応したブラウザをご利用ください