道下美里、視覚障害者マラソン女子で「銀」

  • 車いすラグビー3位決定戦、第3ピリオド、カナダ選手と競り合う池崎大輔(右)(18日)=吉岡毅撮影
    車いすラグビー3位決定戦、第3ピリオド、カナダ選手と競り合う池崎大輔(右)(18日)=吉岡毅撮影

 【リオデジャネイロ=読売取材団】リオデジャネイロ・パラリンピック最終日は18日、車いすラグビーの3位決定戦が行われ、日本はカナダを52―50で破り、銅メダルを獲得した。

 日本は4大会連続の出場で、初めてメダルを獲得した。

 陸上の視覚障害者マラソンは、初めて正式種目となった女子で、道下美里(39)(三井住友海上)が3時間6分52秒で銀メダルを獲得。男子は岡村正広(46)(RUNWEB)が2時間33分59秒で銅メダルに輝いた。4位に堀越信司ただし(28)(NTT西日本)が入った。

 17日の競泳男子200メートル個人メドレー(知的障害)では中島啓智けいち(17)(千葉・中山学園高)が銅メダル。

  • 銀メダルに輝き、日の丸を背に笑顔の道下美里(中央)(18日、ブラジル・リオデジャネイロで)=中嶋基樹撮影
    銀メダルに輝き、日の丸を背に笑顔の道下美里(中央)(18日、ブラジル・リオデジャネイロで)=中嶋基樹撮影
  • 男子200メートル個人メドレーで銅メダルを獲得し、笑顔を見せる中島啓智(17日、ブラジル・リオデジャネイロで)=原田拓未撮影
    男子200メートル個人メドレーで銅メダルを獲得し、笑顔を見せる中島啓智(17日、ブラジル・リオデジャネイロで)=原田拓未撮影
(ここまで302文字 / 残り121文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ