開会式の南北合同行進、実施せず…聯合ニュース

 【平昌ピョンチャン(韓国北東部)=水野祥】聯合ニュースによると、平昌パラリンピックの開会式で予定していた韓国と北朝鮮選手の合同入場行進について、韓国の大韓障害者体育会は8日、「北朝鮮と協議の結果、実施しないことに決めた」と明らかにした。

 入場行進の際に掲げる朝鮮半島旗について、南北の競技関係者による協議で、北朝鮮側が「独島トクト(竹島の韓国名)を表示しなければならない」と主張。韓国側は、国際パラリンピック委員会(IPC)の方針に反するとして、竹島抜きの旗を使用することを求めたが意見の差は埋まらず、別々に入場することになった。

2018年3月8日22:39 Copyright © The Yomiuri Shimbun