距離スキー、新田佳浩「銀」…2大会ぶりメダル

 【平昌ピョンチャン(韓国)=読売取材団】平昌冬季パラリンピックは第6日の14日、距離スキー男子スプリント・クラシカル(立位)で、新田佳浩(37)(日立ソリューションズ)が2位となり、2大会ぶり通算4個目のメダルとなる銀メダルを獲得した。

 予選を2位で通過し、準決勝2組1位で決勝に進んでいた。

 パラリンピック6大会連続出場の新田は、2010年バンクーバー大会で金メダル2個、02年ソルトレークシティー大会で銅1個を獲得していた。今大会の日本勢のメダル数は6個となり前回ソチ大会に並んだ。

2018年3月14日14:26 Copyright © The Yomiuri Shimbun