村岡「銀」出場全5種目メダル…日本勢冬季最多

  • アルペンスキー女子回転(座位)、旗門を攻める村岡桃佳(18日)=飯島啓太撮影
    アルペンスキー女子回転(座位)、旗門を攻める村岡桃佳(18日)=飯島啓太撮影

 【平昌ピョンチャン(韓国)=読売取材団】平昌冬季パラリンピックは最終日の18日、アルペンスキー女子回転(座位)で、村岡桃佳(21)(早大)が銀メダルを獲得した。

 村岡は滑降の銀、スーパー大回転の銅、スーパー複合の銅、大回転の金に続き、自身出場全5種目でメダルを獲得する快挙となった。1大会で5個のメダルは、冬季大会の日本勢で男女を通じて最多。日本勢の今大会のメダル数は10個(金3、銀4、銅3)に増えた。

 村岡は1回目で全体の2位につけ、2回目は全体3位のタイムにまとめ、2回合計で2位に入った。

  • 表彰式で銀メダルを胸に声援に応える村岡桃佳(18日午後、韓国・旌善=チョンソン=アルペンセンターで)=飯島啓太撮影
    表彰式で銀メダルを胸に声援に応える村岡桃佳(18日午後、韓国・旌善=チョンソン=アルペンセンターで)=飯島啓太撮影
2018年3月18日14:45 Copyright © The Yomiuri Shimbun