少女像「適切でない、解決へ努力」…韓国外相

  • 会談に臨む岸田外相(右)と韓国の尹炳世外相(17日午前、ドイツ・ボンで)
    会談に臨む岸田外相(右)と韓国の尹炳世外相(17日午前、ドイツ・ボンで)

 【ボン(ドイツ西部)=森藤千恵】岸田外相は17日午前(日本時間17日夜)、ドイツ・ボンで、韓国の尹炳世ユンビョンセ外相と会談した。

 岸田氏は韓国・釜山プサンの日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像について、「極めて遺憾」と改めて撤去を求めた。尹氏は「外国公館前の設置は外交儀礼にかんがみ適切ではない。可能な限り最大限の努力を行う」と述べたが、撤去の確約はとれなかった。

 日韓外相の個別会談は、昨年12月に釜山の日本総領事館前に少女像が設置されて以降初めて。両氏は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した2015年末の日韓合意を着実に履行することの重要性を確認。岸田氏は島根県・竹島への少女像設置の動きに関して、「受け入れられない」との考えを示した。

 岸田氏は会談後、「(撤去に向けた)韓国側の対応を注視する。結果が大事だ」と記者団に語った。一時帰国中の長嶺安政・駐韓大使らの帰任については、「全く決まっていない。諸般の事情を総合的に勘案し判断する」と述べた。

(ここまで448文字 / 残り115文字)
2017年02月17日 23時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ