細野氏、求心力が急低下…民進グループ再編も

 民進党代表代行を辞任した細野豪志・元環境相の求心力が、自身が率いる細野グループ(約15人)内で急速に低下している。

 取り沙汰されてきた静岡県知事選への出馬は20日、現職の川勝平太知事が3選出馬の意向を固めたことで決着したが、細野氏への不満が高まっているためだ。党内の他グループは細野グループ解体の可能性もあるとみて、引き抜きの機会をうかがっている。

 細野氏は20日、川勝氏が県知事選3選出馬の意向を固めたことを受け、国会内で記者団に「自身の出馬は全く考えていないのか」と問われ、「そうです」と、明確に否定。川勝氏支援を明言した。

(ここまで265文字 / 残り411文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ