高村氏「国会後動きあるかも」…山東派再編示唆

  • 自民党山東派のパーティーであいさつする高村副総裁(左から2人目)。中央は山東会長、右から2人目は大島衆院議長(20日午後、東京都千代田区で)
    自民党山東派のパーティーであいさつする高村副総裁(左から2人目)。中央は山東会長、右から2人目は大島衆院議長(20日午後、東京都千代田区で)

 自民党の山東派(11人・山東昭子会長)は20日、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開いた。

 同派の高村正彦副総裁は、「この国会が終わってから、大きな動きがあるかもしれない。動きがあるときは全員一致で動く」と述べた。

 党内最小派閥の山東派は、麻生派(44人)や谷垣グループ(約30人)との合流が取り沙汰されており、今国会閉会後の派閥再編の可能性を示唆したものだ。ただ、派内には合流に否定的な声もある。

 3派合流に積極的な麻生副総理は外遊のため欠席。谷垣グループからは、逢沢一郎・代表世話人らが出席した。