中川氏問題で公明苦言…与党内「離党は不可避」

 公明党の漆原良夫中央幹事会長は20日の記者会見で、「政権を奪還した時の気持ちをもう一度、思い起こすべきだ。初心に立ち返り、謙虚を合言葉にしていかなければいけない」と強調した。

 女性問題を巡る報道で自民党の中川俊直衆院議員が経済産業政務官を辞任した問題や、閣僚の失言が相次いでいる現状に苦言を呈したものだ。

 菅官房長官は記者会見で中川氏について、「政治家の責任として説明される問題だ」と述べた。与党内には「中川氏の離党は避けられない」(自民党幹部)との見方が出ている。

 野党は攻勢を強めており、民進党の蓮舫代表は記者会見で、「多くの女性はこの人が議員として国民を代弁できる立場にあるとは思えないとの考えを抱くと思う」と述べ、中川氏の議員辞職を求めた。20日の参院経済産業委員会は民進党などが辞任の理由を明らかにするよう求め、流会になった。