中川俊直衆院議員、自民党に離党届提出

 女性問題を巡る報道で経済産業政務官を辞任した自民党の中川俊直衆院議員は21日、離党届を提出した。

 党幹部によると、離党届は中川氏の事務所を通じ、党幹部に届けられた。野党の反発から国会日程にも影響が出ており、与党内からも離党を促す声が出ていた。党執行部は受理する方針だ。

 中川氏が所属する自民党細田派の幹部は21日午前、国会内で会談し、中川氏の離党は不可避との認識で一致、中川氏に同日中の離党を促していた。幹部の一人は「提出は遅いくらいだ」と語った。

 民進党など野党は、国会で中川氏が政務官辞任の理由を説明するよう求めており、20日の参院経産委員会に続き、21日の衆院経産委員会も流会となった。