松井知事「ありがた迷惑」質問案準備で口頭注意

 大阪府環境農林水産部が9月議会の直前、知事与党の地域政党・大阪維新の会の一般質問案を準備していた問題で、維新代表の松井一郎知事は6日、同部の竹柴清二部長と、「部長の指示」として質問案を募るメールを送信した同部の議会担当職員を口頭で注意したことを明らかにした。

 府によると、議会担当職員は9月14日、府議会開会(9月27日)に向け、竹柴部長の指示として「(同24日投開票の)堺市長選を控え、維新議員は選挙の応援活動を行っており、議会の質問について何も考えていない」「事前にネタを集めておけ」などと記したメールを部内22人に送信。質問と答弁の4案が職員から寄せられた。維新側には渡されなかったという。

 松井氏は記者会見で、質問案の準備を指示したメールについて、「質問内容を聞きに回れ、という部長の指示が誤って担当者に伝わり、メールを流してしまった」と説明。「部長は(維新議員が選挙応援で忙しいと)そのまま言ったのだろうが、維新は質問作成を頼んでおらず、ありがた迷惑だ」と批判した。

(ここまで439文字 / 残り55文字)
2017年12月7日08:47 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。