マニラにも慰安婦像、比大統領に野田氏「残念」

 【マニラ=浜砂雅一】野田総務相は9日、フィリピンのドゥテルテ大統領とマニラのマラカニアン宮殿で会談した。

 野田氏はマニラに昨年12月、慰安婦を象徴する女性像が設置されたことについて「非常に残念だ」と述べ、政府間で対応を協議するよう求めた。ドゥテルテ氏から具体的な発言はなかったが、野田氏は会談後の記者会見で「(日本政府の立場は)ご理解いただいたと思う」と語った。

2018年1月10日09:45 Copyright © The Yomiuri Shimbun