菅氏「政権交代でも合意実施、国際社会の原則」

 菅官房長官は10日午前の記者会見で、韓国の文在寅ムンジェイン大統領が慰安婦問題で日本政府に追加措置を求める方針を示したことについて、「たとえ政権が代わっても責任を持って(日韓合意を)実施するのが国際社会の共通の原則だ。さらなる措置を(日本側に)求めることは全く受け入れられない」と述べ、韓国の対応を批判した。

2018年1月10日14:11 Copyright © The Yomiuri Shimbun