尖閣接続水域内に中国潜水艦か、軍艦も随伴

 政府は11日、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内を外国籍の潜水艦1隻が航行したと発表した。

 国籍は公表されていないが、中国軍艦1隻が随伴しており、潜水艦も中国海軍の所属とみられる。いずれも領海侵入はなく、11日午前に接続水域に入り、数時間後の11日午後に出た。日本政府は中国側に厳重抗議するとともに、航行の意図などについて分析を進めている。

 尖閣諸島周辺の接続水域で外国籍の潜水艦が確認されたのは初めて。この水域での中国軍艦の航行は2016年6月以来、2回目。

 防衛省などによると、潜水艦は10日夜、尖閣諸島の南東にある宮古島の接続水域を潜航しながら北西に進んでいるのが海上自衛隊の護衛艦「おおなみ」やP3C哨戒機に発見された。潜水艦はそのまま直進し、11日午前に尖閣諸島の大正島北東沖の接続水域に入った。国籍は「探知能力を露呈する」(防衛省幹部)として公表されていない。

(ここまで386文字 / 残り606文字)
2018年1月11日19:27 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。