陸上イージス、「巡航ミサイルも迎撃」…防衛相

  • イージスアショアの試験施設を前に、米国防総省関係者と面会する小野寺防衛相(右)(米ハワイ州のカウアイ島で)=上村健太撮影
    イージスアショアの試験施設を前に、米国防総省関係者と面会する小野寺防衛相(右)(米ハワイ州のカウアイ島で)=上村健太撮影

 【カウアイ島(米ハワイ州)=上村健太】小野寺防衛相は10日(日本時間11日)、日本に導入予定の陸上型イージスシステム「イージスアショア」について、「巡航ミサイルなどミサイル防衛に総合的に役立つ基礎的なインフラに発展させていきたい」と明言した。

 訪問先の米ハワイ州・カウアイ島でイージスアショアの実験施設を視察後、記者団に語った。

 防衛相がイージスアショアについて、弾道ミサイルに加えて巡航ミサイルを迎撃する機能を追加する考えを表明したのは初めて。北朝鮮の弾道ミサイルに加え、中国が開発を進める長距離巡航ミサイルにも備える必要があると判断した。

 米国開発のイージスアショアはイージス艦と同等の機能を持ち、政府は2023年度頃の運用開始を目指している。新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」のほか、中国の巡航ミサイルを迎撃できる多機能型対空ミサイル「SM6」も搭載する方向だ。

(ここまで387文字 / 残り382文字)
2018年1月11日22:30 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。