柳瀬氏招致、与党が提案へ…23日以降で調整

 学校法人「加計かけ学園」の獣医学部新設に関する問題を巡り、与党は16日午後、野党に対し、柳瀬唯夫・経済産業審議官の国会招致を受け入れる方針を伝える。

 国会内で衆院予算委員会の与野党の筆頭理事による協議が行われ、具体的な日時や形式について調整する見通しだ。

 柳瀬氏は16日午前、国会招致について「当然、国会のご判断に従う」と経産省内で記者団に語った。

 柳瀬氏は17日から20日までの安倍首相の訪米に同行する予定で、与党側は首相が訪米から帰国した後の23日以降に衆院予算委の集中審議を開催し、参考人として招致する方向で調整している。自民党の森山裕国会対策委員長は15日、鹿児島県中種子町で記者団に「首相は17日から訪米して1週間いない。23日の週でどうするかが具体的な課題だ」と述べた。

(ここまで344文字 / 残り144文字)
2018年4月16日12:46 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。