新元号公表、改元1か月前想定…システム改修で

 天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う改元に向け、政府は17日、関係省庁連絡会議の初会合を開き、新元号の公表時期を2019年5月1日の改元の1か月前にあたる19年4月1日頃と想定し、システム改修などの準備を進める方針を決めた。

 企業や自治体にも同様の対応を要請し、官民一体で新元号への円滑な移行を目指す。

 菅官房長官は17日の記者会見で、「官民の取り組みを確認したところ、情報システムの改修作業に1か月程度は必要だ。作業上の便宜として、新元号の公表日を改元の1か月前と想定して作業を進める」と説明した。実際に新元号を公表する時期については「何ら決まっていない」と述べた。

 政府は19年2月24日の「天皇陛下ご在位三十年記念式典」の後、陛下の公務に区切りがついたタイミングで新元号を公表する方針だ。

(ここまで349文字 / 残り451文字)
2018年5月17日20:37 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。