アーカイブ

第68回のご紹介

 第68回正倉院展は2016年10月22日~11月7日に開かれ、入場者は20万8614人でした。

 宝物は、初出展の9件を含む64件で、ペルシャ風の水差し「漆胡瓶(しっこへい)」や、象牙を鳥の形に細工した長さ3センチの飾り「撥鏤飛鳥形(ばちるのひちょうがた)」などが注目を集めました。

 こちらから前回の宝物をご覧いただけます。