「自分信じ飛ぶ」スキー陣の会見で

 平昌五輪の開幕まで1日であと100日となるのを前に、全日本スキー連盟の記者会見が31日、都内で行われ、ジャンプ女子で金メダル候補の高梨沙羅(クラレ)は「(4位に終わった)ソチ五輪の悔しい思いをはね返すような結果を出したい。ベストを尽くし、最後は自分を信じて飛びたい」と決意を述べた。

 会見には高梨のほか、スキーとスノーボードの5選手も参加した。8大会連続の五輪出場を目指すジャンプ男子の45歳、葛西紀明(土屋ホーム)は「回数を重ねる度にプレッシャーと不安が募るが、熱い気持ちで切符を取りたい」と語り、複合のエース渡部暁斗(北野建設)は「日本の複合の歴史の中で個人の金メダルを取った人がいない。その最初の一人になりたい」と力を込めた。

 この日は、「日の丸(太陽)」をテーマにし、赤を基調としたデザインの新ユニホームもお披露目された。

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日
8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

注目選手

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手

ニュース 最新記事