「弓弦羽神社」に羽生ファン願う「けが治って」

「ユヅへのメッセージ」はこちら
  • 弓弦羽神社に奉納されている羽生選手のファンの絵馬
    弓弦羽神社に奉納されている羽生選手のファンの絵馬

 平昌ピョンチャン五輪フィギュアスケート男子に出場する羽生結弦ゆづる選手(23)のけがの回復を願い、ゆかりの神社に国内外から多くのファンが集まっている。

 「けがが治りますように」。ファンたちは願いを絵馬に託している。羽生選手は2月16日にショートプログラム(SP)、17日にフリーに出場する。

 「けがが心配で来ました」。1月中旬、神戸市東灘区にある弓弦羽ゆづるは神社を訪れた埼玉県草加市の主婦(62)は「けがを乗り越え 平昌オリンピック金メダル」と書いた絵馬を奉納した。

 羽生選手は昨年11月9日、グランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯(大阪市中央体育館)の公式練習で転倒し、右足首の靱帯じんたいを損傷。昨年12月の全日本選手権を欠場し、年明けから氷上練習を再開した。

 「早く治りますように」「足が良くなり体調万全で試合に挑めますように」。境内にはファンたちの絵馬がずらりと並ぶ。なかには、中国語で書かれた絵馬も。弓弦羽神社は、名前が似ていることからファンが足しげく通い、多い時は1日で100人以上が訪れるという。

  • 晴明神社に奉納された羽生選手の絵馬
    晴明神社に奉納された羽生選手の絵馬
  • グランプリ(GP)シリーズのロシア杯で2位になり、メダルを手にする羽生選手(2017年10月)
    グランプリ(GP)シリーズのロシア杯で2位になり、メダルを手にする羽生選手(2017年10月)
(ここまで467文字 / 残り607文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日
大会日程(日付は日本時間)
男子
女子
ペア
アイスダンス
団体
8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

注目選手

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手