羽生結弦「不安要素ない」…2週間前から4回転

  • 公式練習後、記者会見で意気込みを語る羽生結弦選手(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影
    公式練習後、記者会見で意気込みを語る羽生結弦選手(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影

 【江陵カンヌン=石坂麻子】平昌五輪に出場するフィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)が13日、会場となる江陵アイスアリーナで練習後、記者会見した。

 昨年11月に負傷した右足首の状態については、「問題はない」とし、3日後の本番に向けて「不安要素はない」と力強く語った。

 羽生選手はこの日、アリーナで練習をした後、記者会見に臨んだ。右足首を負傷したばかりの頃は、痛みとともに、足首が動かない状態だったが、3週間前には3回転ジャンプを跳び、2週間前からは4回転を跳んでいることを明らかにした。

 12日まで行われていた五輪団体戦の出場は回避したが、「五輪に出られると思える練習はしている」と明言。けがをした後の3か月間については、「スケートも滑れない日々がすごく長くて、きつい時期を過ごした」とし、「無事に五輪の会場で滑れてうれしい」と笑顔を見せた。

 フィギュア男子では、66年ぶりとなる連覇に挑む羽生選手。応援のメッセージを寄せてくれるファンには、「感謝の気持ちでいっぱい。メッセージの力も自分のスケートにつなげたい」と話した。

 ショートプログラム(SP)は16日、フリーは17日に行われる。「待っていて良かったと思ってもらえる演技をしたい。自分が夢に描いていた舞台で、夢に描いた演技をしたい」と抱負を述べた。

 羽生選手は11日に韓国入りし、12日に初練習した。13日の練習では、フリーの「SEIMEI」の曲をかけて動きを確認。右足をゆらし、気にするそぶりを見せることもあったが、次々と4回転ジャンプを鮮やかに決めるなど順調な調整ぶりを見せた。練習は一般にもチケット販売されており、多くのファンが日本から応援に来ていた。

  • 公式練習後、記者会見に臨む羽生結弦選手。会場に入り、自分の席を笑顔で確認した(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影
    公式練習後、記者会見に臨む羽生結弦選手。会場に入り、自分の席を笑顔で確認した(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影
  • 五輪会場の江陵アイスアリーナで公式練習する羽生結弦(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影
    五輪会場の江陵アイスアリーナで公式練習する羽生結弦(13日、韓国・江陵で)=武藤要撮影

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日
大会日程(日付は日本時間)
男子
女子
ペア
アイスダンス
団体
8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

注目選手

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手