羽生結弦「身に余る光栄」…最年少で国民栄誉賞

  • 羽生結弦選手
    羽生結弦選手

 政府は1日午前、フィギュアスケート男子の羽生はにゅう結弦ゆづる選手(23)に国民栄誉賞を授与することを正式に決定した。

 今年2月の平昌ピョンチャン冬季五輪で、右足首のけがを乗り越えて2014年ソチ大会に続き金メダルを獲得し、日本人初となる冬季五輪個人種目での連覇達成を評価した。表彰式は7月2日に首相官邸で行われる予定だ。1977年の同賞創設以来、スケート界からの受賞は初めて。個人としては26人目で、史上最年少での受賞となる。

 菅官房長官は6月1日の閣議後の記者会見で「男子シングル競技で世界でも66年ぶりの連覇という歴史に残る快挙を成し遂げ、多くの国民に夢と感動、社会に明るい希望と勇気を与えた」と述べた。

 羽生結弦選手「身に余る光栄です。この賞が被災地やスケート界にとって明るい光になることを願っております」

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日
大会日程(日付は日本時間)
男子
女子
ペア
アイスダンス
団体
8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

注目選手

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手