村上茉愛が帰国、「表彰台では3倍の声援」

  • 金メダルを手に笑顔を見せる村上
    金メダルを手に笑顔を見せる村上

 カナダ・モントリオールで行われた体操の世界選手権女子ゆかで金メダルを獲得した村上茉愛まい(日体大)が11日、帰国し、記者会見を都内で開いた。

 日本の体操女子として63年ぶりの金メダルを持ち帰り、成田空港で大勢のファンの出迎えを受けた村上は「おめでとうと言ってもらえて、『メダルを取るとこんなにも違うのか』と実感した」と驚きを口にした。

 有力選手が練習や本番で相次いで故障したこともあり、「今回メダルが取れないと(今後)どんなにいい演技ができても無理なんじゃないかと思った」と、逆に重圧を感じていたことを明かし、「表彰台では、いつも世界大会で名前を呼ばれる時の3倍ぐらいの声援が聞こえて、日本女子が強くなったというアピールがすごくできたと実感できた」と喜んだ。

(ここまで332文字 / 残り84文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ