競泳・小関に殴られた後輩「もう納得している」

 競泳男子日本代表の小関也朱篤やすひろ(25)(ミキハウス)が昨年、海外での代表合宿中に後輩選手の顔と腹を殴り、所属先から対外試合出場自粛などの処分を受けた問題で、被害を受けた天井翼(23)(同)が14日、取材に応じて「自分はもう納得している」と話した。

 同日、東京新春短水路大会に出場した。

 天井は殴られた当初、「(あごが)すごく痛くて、ご飯も食べられない状態」で、現在も通院しており、「少しかみ合わせに違和感が残っている」という。今後に向けては「こういうことになったが、(自分と小関は)同じ所属なので、しっかり頑張っていきたい」と話した。