男子は白井、女子は村上V…体操W杯個人総合

  • 優勝した白井健三のゆかの演技(14日)=伊藤紘二撮影
    優勝した白井健三のゆかの演技(14日)=伊藤紘二撮影

 体操・ワールドカップ(W杯)個人総合東京大会(14日・東京体育館)――男子は昨年の世界選手権銅メダルの白井健三(日体大)が6種目合計86・064点で優勝した。

 同選手権代表の谷川航(順大)は84・399点で2位に入った。女子は世界選手権4位の村上茉愛まい(日体大)が4種目合計56・532点の高得点をマークして快勝。同選手権6位の杉原愛子(朝日生命)は6位だった。

  • ゆかで圧巻の演技を見せた村上茉愛(14日)=伊藤紘二撮影
    ゆかで圧巻の演技を見せた村上茉愛(14日)=伊藤紘二撮影
  • 金メダルを手に笑顔の白井健三(左)と村上茉愛(14日)=伊藤紘二撮影
    金メダルを手に笑顔の白井健三(左)と村上茉愛(14日)=伊藤紘二撮影